top of page

コロナ前、コロナ禍、そして現在(その1)


代行・代理出席・サクラ派遣のblog画像(コロナ禍結婚式)

covid-19、コロナウイルスの脅威により、我々の生活は大きく様変わりしました。

いわゆるコロナ前とコロナ禍では、生活とともにイベントのあり方も変わってきました。

なので、代行サービスのあり方にも連動して変化が訪れました。

代行のあり方というより、依頼人様の考え方かもしれません。


今回は、その話をしたいと思います。


まずは結婚式の代理出席に関してです。


コロナ前は、新郎(あるいは新婦)がお相手とテーブルの数を合わせるために、友人として代理出席を依頼するというのが、一番多いパターンです。

あるいは、結婚式の構成上、仕事関係のテーブルを作らなければならないが、仕事柄、大人数同じ日に休めないので、会社関係者として代理出席を依頼するというパターンです。


つまり友人や会社関係者として、呼べる人がいないから、代理出席を依頼するということなのですが、

コロナ禍、そして、現在は、少し異なります。


呼ぶ役割は友人や会社関係者として、と変わらないのですが、

呼べる人はいるけど、敢えて呼ばないという選択をする人が増えてきたようです。


急な中止になることもあるし、コロナ以後で、人との距離感も変わったので、

敢えてリスクは背負わず、代行を利用するようです。


ならそもそも、家族のみだとか、結婚式自体を変えれば良いのではないかと思うかもしれませんが、

なかなか、結婚式自体のビジネスモデルが旧態依然であり、難しいようです。

そして、お相手や特にその家族などは、旧来の感覚がまだ抜けていなかったりすると、

なかなか結婚式の構成を変えることも難しいようで。


そして、今後の結婚式のあり方がどう変わっていくのかは、我々も注目しているところであります。



微妙な感覚の違いではありますが、

敢えて、代行を利用するという依頼人が増えてきたのは、我々としてはうれしいことでございます。


代行となると、実際に呼べる人がいない、といった負の側面ばかり目立ってしまいますが、

そうではない、選択的な代行サービスの利用が今後もより広まればと思います。





┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏


「安い」「格安」などという甘い文句を売りにしない、依頼人を幸せを真に願う本物の代行サービスです。


結婚式・葬式などの冠婚葬祭から、ライブ・舞台セミナーなどのイベント、デート・合コン・飲み会に至るまで、様々な場面でご利用いただいております。

東京、大阪、名古屋、福岡、仙台といった大都市を始め、北は北海道から、南は鹿児島、沖縄まで、日本全国どこへでも、

サクラでありながら、たんなるサクラにとどまらない盛り上げと満足をお届けいたします。


どんなご用途でもご利用いただけます。


お困りごとがございましたら、ぜひご相談ください!

お問い合わせページへは、こちらから!!

Comments


bottom of page